春の対処法と食事

| 未分類 |

春は冬の間に身体の中に溜まった不純物であるアーマが排出される季節です。

 

寒い季節には身体も冷えて固まってしまっているので、消化しきれない不純物も身体の奥底に固まったまま出ていかないのです。

 

季節が変わって暖かくなると身体も温められるので、身体の各機能が活発に動き出します。

 

すると、奥底に固まっていた不純物も溶けだして身体の表面に出てきます。

 

これらは汗や涙、鼻水や咳などに形を変えて体外へ出ていきます。春先には花粉症に苦しむ人が多いですが、その原因の一つが、このアーマなのです。

 

花粉症の例からもわかるように、アーマが溜まり過ぎると、アレルギー等の症状を発症することがあります。

女性運動05

不純物の輩出を促すには、辛いものや苦いものなど、刺激のある食材を摂ると効果的です。

 

春は山菜が美味しい季節ですが、山菜のほろ苦さが体内の余分な水分や老廃物を身体の外に押し出してくれるのです。

 

昔の日本人にはデトックスの知識はありませんでしたが、経験的に山菜が身体にもたらす効果を知っていたのでしょう。

 

山菜とは逆に、甘いものや塩気の強いものは食べるのを控えましょう。これらを食べると身体の中に水分が溜まりやすくなるので、デトックスには逆効果なのです。