» 未分類のブログ記事

夏の対処法と食事

| 未分類 |

夏場は熱のエネルギーであるピッタの性質が強くなります。

 

ピッタは熱と燃焼を司るので、ピッタの性質が過剰になると、身体の内部に熱を溜めてしまいます。

 

身体に熱を溜めてしまうと、消化器系の病気や炎症、皮膚疾患等を発生する危険があるので、溜まった熱を放出するために、食事の時には身体をクールダウンさせる性質のものを食べるようにしましょう。

 

身体を冷やす効果のある食べ物は、スイカやキュウリ、サラダ等の生野菜類や、果物等の甘い食べ物、ごはん等の穀物類です。

女性運動06

暑い時期は食欲が落ちてごはんが喉を通らない、という人もいるでしょうが、暑い時期ほどごはんを沢山食べて身体を冷やす必要があるのです。

 

逆に、この時期には身体を温める食材を摂ってはいけません。

 

摂取を控えるべき食材は、コーヒーやアルコール、辛いスパイス類、発酵食品や揚げ物、肉類です。

 

今まで夏バテに良いと思って食べていたものが含まれていませんか。

 

暑い時期にスパイスのきいたカレーを食べたり、スタミナをつけるために焼き肉を食べるのは、身体にとっては逆効果なのです。

 

発汗作用があるからといって、身体をクールダウンさせるわけではありません。暑い夜の生ビールは美味しいですが、身体のためには控える方が賢明です。

春の対処法と食事

| 未分類 |

春は冬の間に身体の中に溜まった不純物であるアーマが排出される季節です。

 

寒い季節には身体も冷えて固まってしまっているので、消化しきれない不純物も身体の奥底に固まったまま出ていかないのです。

 

季節が変わって暖かくなると身体も温められるので、身体の各機能が活発に動き出します。

 

すると、奥底に固まっていた不純物も溶けだして身体の表面に出てきます。

 

これらは汗や涙、鼻水や咳などに形を変えて体外へ出ていきます。春先には花粉症に苦しむ人が多いですが、その原因の一つが、このアーマなのです。

 

花粉症の例からもわかるように、アーマが溜まり過ぎると、アレルギー等の症状を発症することがあります。

女性運動05

不純物の輩出を促すには、辛いものや苦いものなど、刺激のある食材を摂ると効果的です。

 

春は山菜が美味しい季節ですが、山菜のほろ苦さが体内の余分な水分や老廃物を身体の外に押し出してくれるのです。

 

昔の日本人にはデトックスの知識はありませんでしたが、経験的に山菜が身体にもたらす効果を知っていたのでしょう。

 

山菜とは逆に、甘いものや塩気の強いものは食べるのを控えましょう。これらを食べると身体の中に水分が溜まりやすくなるので、デトックスには逆効果なのです。

冬の対処法と食事

| 未分類 |

アーユルヴェーダの古典では、「ルトゥ・チャリア」に基づいて、2か月程度の区切りの中で季節を捉えています。

 

季節ごとに、身体のエネルギーが増減すると考えられていて、それに合った生活をすることが望まれます。

 

アーユルヴェーダでは、冬は、消化活動や新陳代謝が活発に行われる時期と考えられています。

 

そのため、健康を維持しやすい季節なのですが、一方で乾燥しやすいため感染症などにかかってしまうこともあり、適切な健康管理が必要となります。

 

また、女性の場合は、新陳代謝が活発になるため、妊活にもピッタリの季節とされています。

 

こうした時期の食事としては、温かいものがふさわしいとされています。体を温める和食中心の献立を規則正しく取るのが健康維持に役立ちます。あわせて旬の魚や果物も適量摂取するとバランスがとれます。

 

また、この時期におすすめのお菓子として、アーユルヴェーダ医師のアヌパマ・ダラシベ・アワケ先生は、「ラドゥ」を勧めています。

 

アーモンドやドライココナッツ、蜜ナツメ、椰子糖やレーズンを細かくしたものに、ポピーシードやギーを少々加えてボール状に丸めます。よく乾燥した場所で保存すると1か月程度日持ちするとされ、まとめて作っておくと便利です。

アーユルヴェーダにおける季節

| 未分類 |

生命の科学と言われるインド伝統医学アーユルヴェーダでは、ルトゥ・チャリアと呼ばれる6つの季節ごとの生活スタイルについて教えられています。アーユルヴェーダの古典書をひもとくと、6つの季節にドーシャが増減すると書かれています。このドーシャとは身体エネルギーのことをいうのですが、身体エネルギーが季節によって増えたり減ったりするために、それに合わせて治療や食事、日常生活を行っていくことが大切だと考えられているわけです。

 

女性運動04

たとえば、パンチャカルマという代表的な治療法では、3月~4月の春に水のエネルギーとされるカファ・ドーシャが増えるために、この季節にそれを体外に排出するためにヴァマナ(催吐浄化法)という処置を行います。同様に、火のエネルギーであるピッタを排出するためのヴィレチャナ(下剤浄化療法)という処置を、ピッタが増える9月~11月の秋に行うと良いという具合です。

 

 

また、アーユルヴェーダで冬である2月~3月は、健康を維持していくためには最も大切な季節とされています。その理由は、冬の季節は消化の火であるアグニが一番よく燃えるために、消化や新陳代謝が盛んになる季節であるとされているからです。そのときの体調と合わせながら、季節を意識していくのがインド医学の基本というわけですね。

スキンシップ効果

| 未分類 |

女性は何かと美容には関心が高いもので、自分でもスキンケアを行いますが、時にはエステサロンなどへ行き、プロの施術を受ける方も少なくはありません。

 

エステサロンは少し敷居が高いという方でも、スーパー銭湯などの中に併設されているサロンなら試したことがあるという場合もあり、こういったマッサージは女性だけでなく男性の中にも好きだという方も少なくはないようです。

 

またボディマッサージにいたっては、老若男女問わず好きだという方のほうが多いくらいで、これは人の手によるスキンシップの癒し効果の高さを証明しているのではないでしょうか。

 

人の手には独特の暖かさがあり、様々な病気を治す驚くべき力が宿っているといわれています。

 

前述したようなエステサロンでの施術も、美容機器にばかり頼っているサロンは、やはり評価は低く、プロの高度な手技には到底敵いません。

 

本当に質の高い施術を行うサロンは、オールハンドでフェイシャルケアを行うことも珍しくはなく、施術料金が高くても、一度その魅力にはまってしまった女性は、足繁く通うようになるものです。

 

自宅でのスキンケアでも同じことが言え、毎日自分の手でお肌に触れることによって、その日のコンディションがわかるようになるので、清潔にした手をふんだんに使って、お手入れしてあげるようにしましょう。

免疫力を高める効果

| 未分類 |

自宅でオイルマッサージをしている方も多いですが、オイルマッサージによって体にどのようないい効果が期待できるのか知っておくことも大切です。

 

自宅でリラックスしながらするオイルマッサージは心だけでなく体にもいい効果をもたらしてくれます。

 

そもそもマッサージ自体、体のこりや筋肉をほぐす効果があるため、血液の代謝を高め血管の閉塞の解消や老廃物の除去といった効果が期待できるのですが、ここにオイルによってさらに効果が発揮されます。

女性運動02

オイルを塗ることによってさらに代謝がよくなるだけでなく、美容成分や抗菌効果もあるため、肌の免疫力や抵抗力も高めることができます。

 

つまり、マッサージをしながら肌のお手入れだけでなく、免疫効果もアップされることで風邪に強い体にもすることができます。

さらに、オイルの香りによって日々の疲れや心理的な不安といったストレスを緩和してくれる効果もあります。

 

このようにオイルマッサージによる効果は心と体の両方を癒してくれるので人気のマッサージとなっているのです。

 

また、オイルのその日にあわせて好きなものを選ぶこともでて、オイルによって香りな効能が違ってくるので、そうしたいろんな楽しみを味わうことができます。

ストレス解消効果

| 未分類 |

オイルマッサージには、血行やリンパの流れを整える効果があり、行う事で体に溜まったままの老廃物を排出してくれる効果があります。
更に、リラックス効果も高く、肉体的、そして心理的なストレス解消にも効果があります。

 
ただ、オイルマッサージというのは、エステや、専門のサロンに行かなければできないと考える人もいるでしょう。
ですが、自宅でも手軽に行う事ができます。

 
用意するのは、天然のオイルで、手軽なのはオリーブオイルです。
本格的に行いたい時は、グレープシードオイルがお勧めです。

 
べたつきが少なく、さっぱりとした使い心地なだけでなく、そこに好みのアロマオイルを足す事で、その日の気分に合わせたオイルマッサージが可能で、リラックス効果、ストレス解消効果が高まります。

 
この際、注意しておかなければいけないのが、アロマオイルはそのまま肌につけないという事です。
アロマオイルは、グレープシードオイルなど、精油で希釈して使う事が重要になってきます。

 
そして、マッサージは、リンパ管を意識して行う事が大切です。リンパ管は、膝裏や肘の内側等に多くあり、指先から脇へ、つま先から足の付け根へと、心臓に向かっての流れを意識しながらマッサージをしていくと、むくみなどが取れ、すっきりとします。

 

老化防止効果

| 未分類 |

アーユルヴェーダの生命エネルギーの一つであるヴァータが過剰に働くと、お肌の老化が進んでしまいます。

 

ヴァータは乾燥、冷え等の性質を持つため、お肌の乾燥がすると、肌表面の角質層から水分や皮脂が奪われて、カサカサしてはりのない老化肌になってしまうのです。老化防止のためには、乾燥と正反対の性質を持つゴマ油でのマッサージが効果的です。

 

ゴマ油は強い抗酸化作用と身体を温める効果を持つので、アンチエイジングには最適の素材なのです。

 

マッサージは、顔のほかに、手足などの冷えが気になる部分を中心に行います。

 

まず、オイルを手で温めて、お肌に浸透しやすくします。温めたオイルを冷えが気になる部分に塗って、指の腹や掌の窪みを使って優しくマッサージし、オイルを肌の内部まで浸透させます。

 

浸透したオイルは身体を内部から温めるとともに、身体の奥にたまった毒素や老廃物を排出する役割を果たしてくれます。

 

毒素や老廃物が排出されると、停滞していた身体の各機能が正常に動きだし、血行が良くなるので、血液を通して酸素や栄養分がどんどん末端まで運ばれていきます。

 

 

こうしてお肌のすみずみまで栄養が行きわたると、お肌のターンオーバーが正常に戻り、健康な素肌へと生まれ変わるのです。

自宅でオイルマッサージする方法とその効能について

| 未分類 |

自宅で簡単にオイルマッサージを行うには、ゴマ油が効果的となります。この油は実際にインドで行われているアーユルベーダと呼ばれるマッサージでも使用されているものとなります。

ですので血行を促進してくれて、解毒してくれます。また美肌やアンチエイジング効果もあるといわれています。このゴマ油でオイルマッサージをするだけで、毛細血管から体の奥深くまで浸透していき働きかけてくれます。

このオイルマッサージの方法は、まず初めにキュアリングと呼ばれる処理を行っていきます。このキュアリングとは加熱処理のことで、これを行うことでオイルが酸化してしまうことを防止してくれます。

鍋に入れて100度まで加熱をしてください。そうしたら少しオイルを冷ましていき100円ショップなどに売っているシャンプーのボトルなどに詰め替えていきます。

そこからワンプッシュ手にとり、マッサージをしていきます。マッサージを行う状態は半身浴をしている状態が最も良い状態となります。

半身浴で毛穴を開くことで、そこからオイルが浸透していきやすくなります。湯船に浸かった状態で肩やお腹、むくんでいる部分などにオイルを塗りマッサージをしていきます。

これだけで自宅で簡単にオイルマッサージを行うことができます。またこのオイルはメイク落としのクレンジングとしても使用できますので、お試しください。